家族葬の費用内訳を見てみよう

家族葬を行う場合の費用内訳は、主にお葬式本体の費用、飲食費用、寺院などにかかる費用に分けることができます。お葬式一式については、棺、骨壺、受付代、花祭壇といったお葬式を行う葬儀用具一式などの費用です。またお葬式を執り行う斎場、火葬の料金などもここに含まれます。

故人に変わり、お葬式に参列していただいた方々に通夜振る舞いを行ったり、お葬式の後、精進落としのお料理をふるまうことになりますが、この費用が結構掛かります。飲み物、お酒、お料理などの飲食費用も試算しておくことが必要です。参列していただく人が多ければ多いほど、かかる分が大きくなりますが、最期のお別れが故人の思うものでなくならないように考えるべきです。

寺院にかかるお金は仏式以外では大きくかかることは少ないのですが、仏式の場合、読経、さらに戒名にかかるお金を考える必要があります。戒名のお礼や読経のお礼、特に戒名は位の高い戒名をつけていただくとかなりの金額になり、これもまたしっかり考えるべき料金です。家族葬にかかる基本的なこれらの金額についてどの料金を下げることができるのか、お葬式の前によく考える事が必要です。そのため、お葬式に捻出できるお金がどのくらいあるのかを考え、その中で差し引けるものは差し引くことで、金額を抑えた家族葬を考えることができます。

差し引くことができる費用としては、まず飲食代です。参列していただく人数を少なくすることで、飲食代を安くできます。家族以外参列しないのなら、飲食代を考える事もありません。また、お葬式本体にかかるものの中からも、家族や親しい友人だけなら案内の看板も必要なしとできます。菩提寺がないという場合や、付き合いがもうないという場合には、宗教儀礼を無くすことで寺院へのお金をかけずに済みます。