家族葬の費用が一般葬よりも高くなるってどういうこと

お葬式に利用するお金はあるけれど、故人が遺言で家族葬にするようにと言葉を残していたので家族葬にしたというご遺族も多いです。しかし、お亡くなりになった方の闘病期間が長く、治療に莫大な費用がかかったとなると、お葬式を大きくできないこともあります。大黒柱となっていた方がお亡くなりになれば、今後の生活費用やお子さんの教育費用のためになるべくお金を使いたくないという方も多いでしょう。そこで家族葬を選択するご家族も多くいます。

しかし費用のことを考えて家族葬を選択したのに、結果的に一般のお葬式の方が低い金額でできたと後悔されるご家族もいます。どうしてこのような事が起こるのかというと、それは参列者が限られるからです。普通に考えると参列者が少ない方が飲食代なども安くなり、費用を抑えられると考えます。そのために家族葬を選択するご家族も多いのです。しかし参列者が少ないということは、イコール、お香典の額も少なくなります。

お葬式に参列していただいた方々はご遺族に御香典を渡します。参列者が少ないということは御香典の総額が少なくなるということなのです。お葬式の金額をおさえることができても、お香典をお葬式の費用に充てることができないとなると、持ち出す金額が大きくなります。お葬式の費用はほぼ御香典から出るとも聞きますが、ほぼ賄うことができなくても、持ち出す金額が低くなることの方が多いのです。

そのため、家族葬にする時には飲食代やお葬式本体にかかる金額、また寺院にお布施とする金額などをしっかり考える必要があります。お葬式にかかるお金を低くしたいと思ったことで、逆に持ち出す金額が多くなるということもあるのです。